早漏の原因

早漏の原因

一般的に、早漏の原因は4つにわけられると言われています。過敏性早漏、包茎性早漏、心因性早漏、衰弱性早漏の4つです。

①過敏性早漏

陰茎が敏感すぎる事が原因で、少しの刺激でも達してしまいます。特に10代20代の若年層や経験の少ない方に多いタイプです。

②包茎性早漏

多くは仮性包茎の方に見られます。普段は亀頭が包皮に覆われている為に亀頭が刺激に弱く、性交時の刺激に耐えられず、早漏になってしまうというものです。

③心因性早漏

性交に不安や恐怖を抱いていたり、初めての時に上手く出来なかった場合が原因となります。それ以外にも、陰茎への刺激が少なくても、女性の裸、表情、声、感触、あるいは性交そのものに対して過度に興奮してしまうという事も原因になります。これらは性交経験があまりない方や、長期間しなかった場合になり易くなります。そうした理由から若い人に多い原因です。

④衰弱性早漏

加齢が原因で起こります。通常、精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉により、射精が制御されます。ところが、加齢による筋肉量の減少により、その射精管閉鎖筋が弱まります。そうなると今まで射精の瞬間までせき止めていられたものが止められなくなり、早漏となってしまいます。
30代後半から40代の男性に多い原因です。

早漏の原因

また、これらのうち、どれかひとつだけが原因ではなく、複数の原因が絡み合ってる場合もあります。たとえば、過敏性と心因性の両方が原因の場合は、早漏用のスプレー等を使って感度を落としても、不安や恐怖があれば、早漏は改善されません。両方の面から対策する必要があります。

さらに、EDが原因で併発する事もあります。最近はEDと早漏の両方に効果があるスーパーカマグラやタダポックという治療薬もあります。
両方に悩む方には、特にお勧めの薬です。海外の薬なので日本で購入する事は出来ませんが、今は通販で簡単に購入する事が出来ます。こういう薬は、購入するのも恥ずかしいという方が多いかと思いますが、通販なら誰にも会わずに購入出来る為、大変人気です。