長持ちさせるには?

長持ちさせるには?

日本人の成人男性の約半数が早漏に悩んでいるというデータもあります。それくらいありふれた症状ですが、なかなか相談したりはできない悩みです。実は性交の際の体位で、射精し易い体位とし難い体位があります。

射精し易い体位

一般的に、正常位、騎乗位、後背位は射精し易いと言われています。正常位の前傾姿勢は、交感神経が優位に立つ為、刺激に敏感になり易い状態になってしまいます。また、特に男性は視覚からの影響を受けやすく、正常位では女性の顔や胸などが見え、興奮のコントロールがし難くなってしまいます。また男性が腰を動かし易く、本能のままに動いてしまうとあっという間に射精してしまいます。

騎乗位は女性主導である為、男性がコントロールできずに、早漏の方には辛い体位となります。後背位は、腰の動きはコントロールできますが、つい本能のままに突いてしまう人が多いと言われています。ですので、射精し易い体位と言われています。ただし人によっては、コントロールできるから射精し難いという場合もあります。

射精しにくい体位

一方、射精し難い体位は、座位や側位と言われています。座位は正常位とは正反対で、垂直姿勢になる事によって交感神経が抑えられ、しかも腰を動かし難い状態になるので、射精し難いと言われています。

側位も同じように腰を動かし難い体位なので、射精し難いと言われています。体勢としても楽なので、長時間楽しむことができます。

まとめると、腰を動かし易い体位は射精し易い傾向にあるようです。ただし、これは個人差があります。正常位ではし難い人もいますし、人によってどんな状況に興奮するかが違います。自分で射精し易い体位を研究し、そして出来れば、いきなり射精し易い体位で始めるのではなくて、まずは射精し難い体位から始めて、し易い体位は最後までとっておくようにしましょう。そうすれば射精までの時間を延ばす事ができます。自分の傾向を把握し、少しでも工夫するようにしてみましょう。