病院・手術で早漏改善

病院・手術で早漏改善

早漏で病院で治療となると、専門医であれば、確実性、信頼性は増します。しかし、一般的には恥ずかしいものだと思います。まず、やはり早漏であると言いにくい方が殆どでしょうし、たとえ相手が医者でも見せたくない、女性の看護士さんだったらどうしよう、と思う方は多いでしょう。さらに当然時間もかかりますし、費用もかかります。仕事をしている方なら、病院に行く時間をとるのは大変です。

もしも手術となってしまうと金額は数十万単位になりますし、失敗という事もありえます。そうなったら一生台無しです。また、早漏の手術は基本的には包茎の手術とほぼ同じなので、必ずしも効果があるかというとそうではありません。

病院での治療となると一般的なのは注射です。これには2種類あり、吸収タイプと定着タイプがあります。吸収タイプは、1回で4万円から10万円ほどで、成分が体内に吸収されます。その為、半年程しか効果がありません。半年ごとに注射をしなくてはいけないので、費用の負担はかなりのものになってしまいます。

一方、定着タイプは、効果は半永久的で、費用は12万円から20万円ほどです。半永久的に続くのは素晴らしい事のように思えますが、安全性は確証されていません。それが一生体内に残るとなれば、少し怖いかもしれません。また、感度は年齢とともに鈍くなると言われています。もしも若いうちに注射をすれば、やがて歳をとってから、注射の効果もありさらに感度が鈍くなり、射精感が全く起こらなくなるという可能性もあります。

以上のように、病院での治療もデメリットの面がかなり多いと言えます。軽度のものであれば病院では治療薬を処方するのみの場合もあります。治療薬で済むような症状でしたら、今は通販で購入する事が出来ます。

薬じたいも殆どが病院よりも安いですし、勿論診察料などもかかりません。通販なので誰にも知られずにいつでも購入する事が出来ます。手術や注射ほどの事は求めていないという方は、通販で薬を購入するのが一番簡単で早い方法だと言えます。